Death March 無職の行進

止まない雨は存在した。

R. I. P.

今週のお題「理想の老後」

 

明日も仕事なのに寝れない。一度は眠りにつけたのだが、しばらくたつと起きているのか寝ているのか夢を見ているのかよく分からない状態になった。その中で僕はなぜか仕事に追われているような感覚で、決して気分は良くはなかった。眠気がとれてきても仕事のイメージがどうしてもとれず、結局電気をつけてパソコンに向かうことになった。

 

確かに昨日は仕事でちょいとプレッシャーがかかる場面があり、なんとか失敗にならずギリギリのところで切り抜けたと自分では思っているだが、その時の興奮、負荷が寝てもなお残っていたのだろうか。面白いもので、仕事のことをどうにか頭から追い出そうとするのだが、職場での会話だとか、失敗してしまったパターンの妄想だとか、自分がどう見られていたかだとか考えなくて良いことがどこからでも自分の頭の中に飛び込んでくる。最後にはどうにか払拭しようとエロい妄想まで始めたのだがそれでもダメだった。

 

自分でも情けなくなるほどの豆腐メンタル。昨日が仕事で特別な仕事をまかされたわけではない。普段通りのことをやっていただけであるのに、その時のことを思い出して寝れなくなるとは自分でも情けない。

 

ついこの間の休日でも似たようなことを思っていた。仕事のイメージが抜けないというか、怒りが手放せないというか。常に気持ちが毛羽立っているというか。職場でのことで心が乱される。休日になってもその波がおさまらないのだ。

 

 

 

ここ何年も心に余裕がない自覚がある。だが、身体には何も起きていないことを考えると意外とメンタルが強いのではとも思うのだが。仕事の夢を見てしまったり、無意識のうちに仕事のことを考えてしまうことは頻繁にある。特に寝る前は(最近は布団に入ってからの記憶がないほどに寝付くのが早いが、)何を考えるかは自分次第であって出来る限り気持ちの落ち着く妄想でもしようといつも思うのだが、それがなかなか難しい。恥ずかしい話だが綺麗な女の人にただただ甘える妄想だとか、広い空間にただただ漂っている妄想だとか挑戦してみるのだが全くうまくいかない。

 

親の庇護をうけていたときはぐっすり寝れていたような気が今はする。心から自分のことを心配してくれる人がいて、話を聞いてくれて、もし僕が問題を抱えていたら(若い頃には全く悩みがなかったので実際は親にそんなことを話すことはなかったが、)いの一番に対応してくれる。今こう書いていて、本当にそういう状況に戻りたいと思える。一人で考えて一人でなんとかすることにもう疲れた。

 

友人がそういう役目を担ってくれるという考えもあるかもしれないが、僕はそんなことは期待できないと思う。世の中の人はそんなこともしてくれる理想の友人を皆持っているのだろうか。では友人がそういう役目を自分に求めてきたときに面倒臭がらずやるだろうか。やらないだろう。だからこそ、人には頼ってはいけないとも思う。

 

親には面倒をかけられない歳であるし、もうそろそろ僕の方が面倒を見なければならない歳かもしれない。子供のころ、父の運転のなか後部座席でぐっすりと寝ることがよくあった。あんな理想の睡眠は一生とれないだろう。

 

 

 

自分では理解できない人の言動に怯えたり、些細なことにイライラしたり、職場でのプレッシャーに狼狽えたり。この状態は死ぬまで続くのだろうか。なんとなく歳をとれば状況は良くなるだろうと思っていたがそんなことはなさそうな気がしてきた。この件とはあまり関係のないことかも知れないが、50手前ぐらいの若干初老とも見られるような人の良い先輩が職場で叱責されていた。あの齢で立場も上であるのに、あんな言い方されなければならないと思うの世の中は酷だとつくづく思った。

 

子供のころに死ぬのが突然怖くなって兄弟と共に大泣きしたことがあった。お爺ちゃん、お婆ちゃんの齢の人らが死ぬことをお迎えが来るなんて言って明るく話すことが当時は理解できなかったが、今では理解できる。これだけ自分でも馬鹿馬鹿しいほどに狼狽えて辛い辛いと毎日を過ごしていると、老衰で逝けるであれば爺と言われる齢になるのも悪くはないと思う(以前は死にたい死にたいと口癖のように言っていた時期もあったし、それを自分でも本心だと思っていたが、やはり一度も自殺を選択するほど思ったことはない)。なので死ぬ時に後悔しないように今精一杯やっておくべきとも思う。

 

死ぬ時ぐらいは安らかに逝きたいと思う。そう思わせるために今苦しんでいるような気もしてきた。毎日楽しいことばかりでは、死ぬのが怖いだろうしね(満面の笑み)。