Death March 無職の行進

止まない雨は存在した。

ぼやき

終わりが近い

また以前と同じような状況に戻ってしまった。仕事に行きたくない、職場の人と顔を合わしたくない。笑顔を作れない状態で接して、いつもの如く反省や後悔をしたくない。ヤケクソで自暴自棄。そしてやってしまったことにおびえる。 仕事中に全てのことが面倒に…

分かっているけど止められない

金曜であるのに週末の休日に希望がもてない。なくても良いと思っているわけでは決してない。ただ仕事に行かなくてもいいという点だけでありがたい。だがここにも何度も書いているように、職場での嫌な思いをしたこと、これから起こるかもしれない不安なこと…

一晩経って

一晩経っても気分は変わらず、職場への足取りも重かった。こんな状態で人と接しなければならないのが辛い。笑顔も作れないし、かつ覇気のない不機嫌な態度を見せて、また自己嫌悪に陥るのも本末転倒だ。 こんな仕事を今日は頼もうか、と職場の上長が近づいて…

取り乱し

酒の力にまかせて寝てはみたのものの就寝するには早すぎる時間だったこともあり目が覚める。サイレンの音がぐあんぐあんと頭の中で段々と大きくなり、不思議な感覚ではっきりと意識のある中で眠りから現実に戻ってきた。完全に目が覚めた後にあれは近くの車…

そんなつもりで言ったんじゃあないよ😅😏

この生き恥を晒し続けている感じが耐え難い。 よく理不尽に人から攻撃されたと狼狽えたり、常識のない行動に腹を立てたりと被害者面しているからこそ、自分に非がある時は落ち込む。あれだけ文句を言って蔑視していながら僕自身もああいう類だったのかと。 …

幸せ

日々の幸せを感じる時はどれも「嫌なことから解放された時」でしかない。 月曜から金曜まで働いて、金曜の夜に職場を出た時に幸せのようなものを感じる。前々から頭を悩ませてきた嫌な仕事が無事終わった時も、安心感、開放感から気分が高揚する。 こういっ…

反芻

仕事をしていない時間も、仕事のことがちらつく。無意識のうちに職場での嫌な出来事を思い出す。特に嫌いな人とのやりとりを何度も反すうしてしまう。 自分は傷つけられたのか?傷つけられていたのであればどうしたらいいのか。反撃しなければ気が済まない。…

R. I. P.

今週のお題「理想の老後」 明日も仕事なのに寝れない。一度は眠りにつけたのだが、しばらくたつと起きているのか寝ているのか夢を見ているのかよく分からない状態になった。その中で僕はなぜか仕事に追われているような感覚で、決して気分は良くはなかった。…

自分は決して変われないのでは

今週のお題「夏を振り返る」 かの岡本太朗は、人類は進歩していないと言ったとか言ってないとか。 僕自身も歳をとって一向に進歩していないと感じる。 どれだけ反省、後悔をしたって繰り返しの連続。 食べ過ぎたから、食事を制限したっていつの間にかまた食…

ガバガバ

今週のお題「夏を振り返る」 他人を見ていて「よくそのガバガバさで生きてこれたな」と思ってしまう。最近になってこれをよく思う。これは僕の中でははっきりと出来上がっているのに言葉で説明し辛い。例をあげて説明したいと思う。 僕は人に失礼のないよう…

精神的インポ

良いことがない、良いことがないと毎日思っているが、では良いこととはなんなのかと考えた時に、それはやはり女の子絡みではないだろうかと思う。 友人の結婚話やら、彼女と旅行へ行った話を聞くと羨ましいなと思うことはある。休日に一人で出かけたときは、…

陰湿そのもの

全くのゼロの状態から怒ることができる。できるというよりも無意識にしてしまう。何度も繰り返し書いているかもしれないが、自分が怒ることが好きなのではと思ってしまう。良い気分で終わった一日があったとしても、今日は嫌なことはなかったか、人に攻撃は…

次の会社がよっぽど嫌でなければ辞めないほうが良いよ

転職を繰り返してきた僕に対して、親から「次の会社がよっぽど嫌でなければ辞めないほうが良いよ」と控えめに言われた。 キャリアのない良い歳での転職活動は惨めであったし大変苦労したので、そのことを言われたときはその通りだと思った。 よっぽど嫌なこ…

おかしい

一人でいるのに誰かと喋っている。何が好きでこんなことをしてしまうのだろう。無意識のうちに始めるというよりも、意識的に好き好んでやっている気がする。自分が気持ち良くなる設定の中で、人を言い負かしたり、罵ったり、人を傷つけたり、見下したりして…

後悔するぐらいなら怒らなければいいのにね

死にたいだとか消えたいだとか弱音をすぐ吐いてしまう。当然、人前では言わない。言って面倒な構ってちゃんだと思われるのが嫌だし、誰に言ったってこの悩みは解消されない。それに口では死にたいと言っていてもそこまで本気かと言われたら、全く違う。 死に…

「見て見ぬ振り」という大事な能力

先日、友人が仕事の愚痴をこぼしていた。 誰がやってもいい、宙に浮いた仕事が自分のところに不運にも連続で回ってきてしまったという。そのこと自体に腹を立てていたわけではなくて、同僚がそれを見て見ぬ振りをすることに愚痴を言っていた。 彼は同僚に「…

予防線を張る毎日

明日もなにも起きませんように。 前向きにならずに、どうせひどい一日になるのだろうと予防線を張るのは、自分が傷つかないようにしているのでは。 世の中は糞だとか、悪い人ばかりだとか自分に思い込ませて、いざそういったことを思い知らされる出来事に遭…

人生旅行説とは

今週のお題「人生最大の危機」 僕はこれほどまでに辛い辛いと毎日生きていながら、自分の過去を「あんなことやこんなこともあったなあ」と振り返ることが嫌いではない。当時どれだけ嫌な思いをしていたり、余裕がなかったとしても今思い出すとどれも良い思い…

いつもの愚痴

どうしたら前向きに生きれるのだろう。 同じようなことばかり書いてしまうが、毎日同じようなことばかり考えているので仕方がない。 辛い辛いと暮らしているなかで、それを覆すほどの良い出来事なんてそうそう起きないはずだ。全く起きないと言ってもいい。 …

 毎日、楽しいこともなく、楽しみにしていることもなく

毎日、楽しいこともなく、楽しみにしていることもなく、些細なことにイライラしたり、大袈裟に悲観したりして、つらいつらいと生きている。ベッドに入り天井を見上げたときに、明日が来なくてもよいのではと考えたりもするが、翌朝、普段通りのなんの希望も…

案外うまくいくこともあった

仕事で嫌な思いをしそうな案件があり、どうせまたひどく落ち込むのだろうと考えていたのだが、案外うまくいったようで小っ恥ずかしい気分だ。素直に安心したり、喜べばいいのにそれができず、思い出す度に本当に喜んでいいのか、まだ罠が潜んでいるのではと…

職場のおかしいひと

どのひともいい人に見えない。何をもっていい人なのかも分からないが。すべてのひとが自分さえ良ければそれでいいと思っているように思える。 先日も自分の同僚が上長に話しかけられていたのだが、敢えて同僚を煽るような言い方をしているような気がして、隣…

何をやっても変わらない

同じことばかり書いてしまうのは、毎日同じようなことを繰り返し考えてしまったいるからなのだろう。 ここにどれだけ反省というか決意を書いたとしても、生活しているときはそんなことは忘れてしまう。例えば、「ひとの言うことは気にしないように」と心掛け…

無題

夏休みについて書こうと思って、辛い辛いと愚痴のようなものばかり書いてしまって情けない。夏休みや連休というのは楽しくて明るいものであって、決して死にたいと思わせるものではないと思う。 連休のせいで日常に戻りづらくなっている。連休だけを目指して…

ああ夏休み

今週のお題「夏休み」 何か吐き出したいと思うが、それをどう書いたらいいか分からず、PCの前に立ったり座ったりを繰り返す。 普段の休みに加えて、夏季休暇めいたものももらえたのでひとりで旅行へ行った。自分に「リフレッシュ!リフレッシュ!」と常に言…

あの人はああいうキャラだから

くたびれた。本当にひとって嫌だなとつくづく思う。 二十代半ば過ぎたぐらいからだろうか。「なぜ自分ばかり」と運のない自分、不遇の自分を嘆くようになった。対人のトラブルがなぜか僕の周りで多い。これは運の問題ではなく、自分の問題なのだろう。 僕の…

精神的大荒れ

さんざん一人でいるのが好きだとか、他人といるのが耐えられないなどと言っておきながら、今はただただ寂しい。ベッドで横になっていても動悸がする。 話し相手がいないので嫌な思いは消化されることはなく、次の嫌な思いをするまで頭の中を反芻する。思い立…

自分が可愛い

職場の些細なことに大げさに落ち込んでしまう。 今までも何度も何度も同じことを書いてきたが。 今日は自分自身に「余裕をもて、そこまで落ち込む必要がない」と言い聞かせたが、やはり自分が可愛いのだろうか、誰がどうみてもどん底まで落ち込んでしまった。…

アンガーマネージメント

怒ったら自分が損をするだけとこれまで何度も自分に言い聞かせているのに、怒ってしまう。 怒っていたり、イライラしている人を見かけると嘲笑的に馬鹿にしているが、紛れもなく僕もその類なのである。これほど悲しいことはない。 多少は怒りをもつべき、と…

いやだいやだいやだ

以前に人のミスを指摘する人はなぜか嬉しそうという話をしたが、それは真理ではないのだろうか。 人がやらかした時に、ぞろぞろと関係のない人が集まり、誰かしらの「失敗」という良くないことが起きているのに、なぜか皆一様に一段気分が高揚していて、嬉し…